ドットのワンピース

産婦人科で行う不妊治療にはいろいろありますが、人工授精や体外授精はどのようなものでしょうか。
人工授精とは性交障害や精子の問題(数や運動性など)、あるいは女性生殖器内部に問題があり、精子が通過できない場合などに用いられ、以前は精液をそのまま女性生殖器内に注射器のようなもので注入していましたが、現在では遠心分離を行い活性の高い精子のみを注入することがよく行われています。
それに対して、体外授精とは人工授精では効果が得られない場合(効果が得られないと考えられる場合)に、排卵誘発剤を用いて卵子を採取してそれをシャーレの中で受精させて子宮内に戻すやり方です。
費用は扱う卵子の数や授精させるやり方、どの段階の受精卵を子宮に戻すのかなどでも違いますが、おおよそ、15万円から25万円といったところが多いと思います。
産婦人科などで行われている、不妊治療は日進月歩です。
あなたもあきらめずに、相談してみてはいかがでしょうか。
きっと新しい道が見つかるはずです。

不妊治療の現状

女性の社会進出が目まぐるしくなり、晩婚化や少子化が騒がれてきています。
時に、女性が一生に子供を産む割合は2人を切っていて、ここからも深刻な少子化が進んできています。
子どもが欲しいな、と思ったらすぐに妊娠できるわけではありません。
女性の卵子は生まれた時から数が決まっていますので、年齢を重ねるごとに卵子は老化していきます。
それが不妊の原因になることも十分にあり得るのです。
子どもを望んで久しく妊娠の兆候がない場合は、産婦人科に行き、原因を追究して不妊治療を行わなければなりません。
不妊治療は大まかに説明すると、最初は医師の指導の下に性行するタイミング法、次にパートナーの精液を採取して人為的に精液を子宮に注入する人工授精、そして卵子と精子を取り出して受精させる体外受精の三つに分かれています。
産婦人科にいくとタイミング法から行う場合がほとんどですが、今後は女性の年齢や、卵巣年齢などを勘案し、今後は初めから人工授精や場合によっては体外受精をして妊娠する確率を上げていくことも十分に考えられます。
不妊治療はデリケートな問題であり、治療を受けている当事者でしかそのつらさは分かりません。
ストレスなどでも妊娠しずらくなるので、不妊治療専門の産婦人科では、治療とは別にカウンセラーによるカウンセリングを設けているところもあります。
今後はそういった産婦人科も沢山増えていくことでしょう。
又、特定の医師だけに診てもらうのではなく、セカンドオピニオンも出来、あらゆる方法から妊娠にアタック出来る環境が整うでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031